2014年11月25日

英語の多読させるとしたら、いつ頃からがベストか?アプリでもOK?ORT CTP

xf200.jpg

昨日の

ORT 【Oxford Reading Tree】
※イギリスの一部の小学校で教科書(国語の授業)として使われています。
CTP【Creative Teaching Press】

についての質問です。

昨日の回答はこちら

@ 英会話に多読は必要か、または有効か
A 多読させるとしたら、いつ頃からがベストか(習得レベル)
B アプリ自体は反対だから、やるならやはり本が良いか
C ORTやCTPについての意見


今日は、A〜Cを答えます。

A 多読させるとしたら、いつ頃からがベストか(習得レベル)
フォニックスと同時にもう読ませてよいと思います。

基本的なフォニックス26文字が終わった後なら
もうはじめてよいと思います。

Bアプリ自体は反対だから、やるならやはり本が良いか?

【こちらのお母さんは、本のおき場所や、予算の都合で
本ではなく、アプリを検討されておりました】


本の内容にもよります。
普段どのくらい電子機器に触れているかで
お母さんが決めてよいと思います。


お子さんが、普段まったく本をよんでいなくて、
ゲーム三昧で、テレビを毎日4,5時間みてるなら
親子の会話もなくて、それでこのアプリを買うと
いうなら、ちょっとためらうべきかもしれません。


もしそれくらい電子機器まみれなら、
ゲームをすこし減らしてみるとか
してもいいかもしれませんが、
●●さんはきっとそんなことないと思いますし
そうしたからといって、子どもがいい子に育つ、
悪い子に育つと断言することは、私にはできません。


普段、絵本もたまに読んであげていて、
公園にもたまに連れて行ってあげて
友達とも、たまにあそんでいるなら
アプリでもまったくよいのではないでしょうか?


たしかに、育った年代的に、
わたしたち親世代が
受け入れやすいのは
間違いなく本ですよね。


でも、自分の子どもを見て思いますが、
子どもは、親がかんじるほど
抵抗感はないと思っています。


うちの子は、漢字練習にアプリをつかっていますが、
普段の宿題より俄然やるきになってます。
頭に入ってしまえば、それは一生自分のものです。

【本の内容によると答えた理由】

ORTやCTPは、
あまり心を育てる本ではありません。

あくまでも英語のリーディングや
カンタンな言い回しを
スムーズに習得するためのものです。

言語を学ぶための教科書です。

心を育てることは、他の方法で、
お母様は良いと思ったことを取り入れれば
良いのではと思います。

たとえば、秋の森を散歩して、
枯れ葉をジャクジャク踏んで遊んだり
おしばなを作ったり、一緒にお料理をしたり・・・・。^^

前にもブログに書いたので
重複してしまいますが、

それぞれのご家庭の予算の中で、
お母さんが、ストレスなくできる範囲で
最善の方法をとればよいと思ってます。


●●さんはそれをすでにされていると思います。

CORTやCTPについての意見

昨日の記事に効果を述べているので割愛します。


=============================

こちらのお母さんですが、
たまに質問をくださるのですが、
ご自身もとても努力されているお母様です。

お子さんが英語に興味を持ち始めたのをきっかけに
いろいろな情報を集めて、
家庭の予算の中で工夫されて
がんばっておられます。

私も頑張ろうと思います。^^

補足ですが、
全パッケージが高くて購入できない場合は、
ご家庭の予算に応じて
アプリダウンロードや、
こういうスターターパックでも良いと思います。

またヤフオクや、楽天オークション、
古本屋、ebayなども参照してみてください。

たしか我が家も新品でしたが、
1年型落ちを購入した?と思います。







★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
私のおススメオンライン英会話はこちら
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆ DMM英会話



●無料体験2回 
●欧米小学校で使われているフォニックスサイト使用
●15分前でも予約OK
●我が家の娘、セルビア人の先生と毎日レッスン中
●毎日は大変だと思っていましたが、今は習慣になり楽しんでいます。コツコツは成果がでますよ


【無料体験レビューはこちら

【フォニックスって何?はこちら

__________________________________________

◆ リップルキッズパーク


●欧米小学校で使われているフォニックスサイト使用。
●兄弟姉妹、家族全員で話しても一人分の月謝。
●安くて、質の良いオンライン英会話
●現在2号ちゃん、レッスン中。
●私はサポートはここが一番好きです。


【無料体験レビューはこちら

__________________________________________

◆ 英語教員資格を持った講師による 児童 ジュニア向けオンライン英会話


●お子さん一人だけがレッスンするなら、
週3で、リップルより安いこのオンライン英会話がおすすめ
●担任制あり
●新サービス開始 →「児童英検」から「英検1級 二次試験」まで可能。 
●各級英検特別レッスンを専門インストラクターと一緒にできます。



【無料体験レビューはこちら







posted by オレンジ at 15:05| Comment(0) | 多読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

英会話に多読は必要か?または有効か?ORT CTP

jpeg.jpg




最近いただいた質問です。
ブログで紹介したいと思っていたことでしたので
シェアしたいと思います。

質問の文章を全部載せると少し長いので、
割愛してまとめた質問だけを掲載します。

@ 英会話に多読は必要か、または有効か
A 多読させるとしたら、いつ頃からがベストか(習得レベル)
B アプリ自体は反対だから、やるならやはり本が良いか
C ORTやCTPについての意見


今日は@について回答します。

@ 英会話に多読は必要か、または有効か

はい、有効です。

必要ですが、
読むことがとてもきらいな
お子さんなら、
まだ●●さんのお子さんは小さいので
無理にさせる必要はないと思います。


きらいなら、無理させず、
すこしずつ様子をみて、
忘れた頃にまたきっかけをあたえて、
すこしできたらホメホメ、という風に
くりかえしていってください。


(どんな習い事も、無理強いは
逆効果だと自分は思っています・・・。)


英語の習得に絵本を読むことは
とても有効だと思っております。

なぜなら、わたし自身が
逆のことをアメリカがでしていて、
日本語の習得に
とても効果があったからです。

逆のことというのは、
毎晩よる寝るときに、
日本語の本を読みきかせを
していた、ということです。


今は、日本語の本と
英語の本のよみきかせです。

そして、●●さんのご質問の
ORTやCTPを交互に
毎晩1冊ずつ読んでいます。

この本ですが、正直、
おもしろい本ではありません。

レビューにはおもしろい、と書いてありますが、
英語でおもしろい本は、
こんなもんじゃないと思います。^^

なぜこの本がおすすめなのか、
というと、
2つ理由があります。

1、自分で読む練習ができる

2、フォニックスが身につく

からです。


日本で英語を学び始めた子どもが
いきなり英語の本を読めといわれても、
よめるようには、なりませんよね。

なぜなら、幼児対象の本でも、
もうすでにたくさんの文章が
書いてあります。

そんな長い文章をいきなり
よむことはできません。

日本の「桃太郎」を買ってあげたときのことを
想像してください。
____________________

むかしむかし・・・あるところに、
おじいさんとおばあさんが、すんでいました。
おじいさんは やまへしばかりに、
おばあさんは かわへせんたくにいきました。

すると・・・・

____________________

3〜4歳は字はまだ読めない子が
多いですけど、親は買い与えますね。

いきなり 「自分で読んで欲しいから買う」
と考える親御さんはあまりいないと思います。

「あいうえお」を勉強させるためではなく、
子どものために、絵本を読んであげたいから、
「桃太郎」の楽しさを知って欲しいから、
買ってあげたのだと思います。

子どもも、聞くだけで理解できるのは、
普段、日本語でお母さんと会話をしているから、
日本語のリスニングができているから、
聞いていておもしろいのですよね。

アメリカも同じです。
英語の絵本は、
子どものリーディング用に
つくられたわけじゃなくて、

ストーリーを読ませるためにあるので、
幼稚園生用の絵本でも
すでに文字だらけのものが多いのです。

※もちろんアメリカの子どもたちも、
絵本はいきなりよめません。
お母さんが読んで聞かせます。


アメリカから来日してきたこどもが
「あいうえお」 を練習しはじめた
1週間後に、いきなり
ももたろうがよめないのと同じです。

いきなり英語の本はよめません。


そこのところを解消してくれるのが、
ORTやCTPの本です。


これらの本は、
ストーリーが成立するギリギリの
最短文で絵本をつくっています。



だんだん増えていきますが
最初はすごく短いです。

ですので、ストーリーは
あっという間に終わってしまいます。
1冊は、3ミリくらいの薄さしかありません。

でも、一文がすごく短くてシンプルなので、
子どもには負担がありません。

絵も理解をたすけてくれます。

私は、最初に出会うリーディングとしては
最適だと思います。

2号ちゃんもこの本で、リーディングを練習しています。
リップルが始まってからは、さらに読めるようになりました。
フォニックスの復習もサイレントEもこのORTで練習しました。


ただ、この本は読む練習なので、
さきほども言いましたが、
たいしておもしろくありません。

※英語の絵本のおもしろさは
別で味あわせてあげてください。

でも、リーディングの訓練には
とーーーってもいいです。
子どもも自信になります。

我が家の2号、3号ちゃんは
非常にこの本に助けられました。


【Creative Teaching Press】

商品のレビューや詳しい情報を得る
↓↓





【Oxford Reading Tree】


※予算に合わない方は、1セットずつや、
中古品でもいいと思うので、探してみてください。

posted by オレンジ at 10:31| Comment(0) | 多読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。