2014年10月14日

●リップルキッズパーク●わざとひっかけ問題を出すと◎

6bb37c1a121914174c6f942a1dc8b7a9_s.jpg

先日、2号ちゃんの
リップルキッズパークのレッスンがありました。

今、2号ちゃんは、


[Is this a ball?]
これは○○?

「Yes it is.」
そうだよ。

「No, it isn't.」
ちがうよ。

「What is it?」
なにこれ?(ちがうとき)

「it's ○○.」
○○だよ。


この集中レッスンをしています。

2号ちゃん、
かなりマイペースな性格でして、

先生が話しかけても、
たまに、目を見つめたままポーッと
してることがあったりします。^^;


先生が、何度も繰り返してやってくれて
前回で、定着した感じです。


そのおかげで今、我が家では、
ひっかけクイズを出しあうのが流行っています。


2号ちゃんは、
『親にやらされている』モードになると
とたんに動物的カンが働き、
プ〜イとなるのですが、


ひっかけクイズが大好きなので
わざとひっかけるような質問すると、
その戦略に逆にひっかかります。^^


たとえば、
ミカンを指差して、ニヤニヤしながら

「Is this an apple〜?」

と聞くと、2号ちゃんは、
「絶対ひっかかるもんかッ!」
闘志をむき出し、

「NO! IT ISN'T!!」

と言います。(叫びます)


でも、いつも意地悪な質問をすると
かわいそうなので、時々は
YESで答える質問もするのですが、

戦闘モードになっているので、
猫の絵本を指差して、

「Is this a cat?」

ときいても、
ひっかからないように
それ以外の答えを探します。


「NO! IT ISN'T!!」
「IT'S A BOOK!!」


考えすぎ・・・。
鼻の穴がふくらんだ顔が
おかしくて噴き出してしまいます。



それにしても、
きょうだいでも、性格って全然違いますよね・・・・。


朝、寝坊したときなんて、
きょうだいで顕著に違います。


泣きそうになりながら
ご飯食べて、
家の中を走り回っている1号娘。


一方、2号ちゃん。
普段は超マイペースなので、

瞬足で家中を走る娘のトナリで、
大仏のように静かに朝ごはんを食べています。
おかわりまでして・・・。

ゆっくり着替え、靴下を履き、
髪の毛をブラシでとかして(こんなときにとかすな!!)

学校に行きます。

もちろん遅刻です。


話が脱線してしまいました。すみません。

英語でわざとひっかけクイズごっご、
クイズ好きのお子さんに、おすすめです。



タグ:センテンス
posted by オレンジ at 13:39| Comment(0) | リップルキッズパーク 実践レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。