2014年08月24日

相手の英語がわからない時、聞き返す最短の一言は?

09e6de61de2efc939de96a7359c581a1_s.jpg

先日、

「オンライン英会話相手でわからないことがあったとき
すぐに言い返すカンタンな一言はありませんか?」


という質問をいただきました。

2号ちゃんのレッスンでもそういうことがあったので
ここでシェアしたいと思います。


小学生や親御さんがパッと言い返せる一言を
最短から書きました。

最短で通じますが、一ついえたら違うのにも挑戦してみてください。


【なんて言いました?】 
※もう一回言ってもらえませんか?というニュアンスで聞く


■What?  ワッ(ト)?
■Sorry? ソーリィ? 
■Perdon?   パードゥン?

本当はこれでOKです。
もう少しいえるなら、

■Say again?   セアゲン?
■What was that?  ワ ワズ ダ?
■What did you say?  ワ ディジュセイ?
■I don’t understand.  アイ ドン アンダースタン
■Can you say again, please? キャン(ケン)ニュー セアゲン プリーズ?
■(丁寧)Could you say again, please? もう一回言ってもらえませんか?
クッジュー セアゲン プリーズ?



【つまり、どういう意味?的なニュアンス】
■What do you mean?  ワ ドゥユミーン?


【もう少しゆっくり話してください】
■Slowly please.     スロウリィ プリーズ
■More Slowly please.  モア スロウリィ プリーズ
■(丁寧)Can you speak a little bit more slowly, please?
キャンニュー スピーク ア リロビッ モア スロウリィ プリーズ?




【声が(途切れたり小さくて)聞こえないです】
■I can't hear you. アイ ケアン(トゥ)ヒア ユー



【スカイプの調子が悪くて聞き取れないです】
■There is a connection problem. デアリズ ア コネクション プロブレム



【単語・言葉を知らない】
その言葉を知らない時に「知らない」と伝える

■I don’t know. アイドンノウ
※ I don't understand. は相手の言っていることがわからない場合に使う。
※ I don't konw. は相手の質問に対して、その答えがわからない場合に使う。
■I have no idea. アイ ハヴ ノー アイディア





【きちんと話すことより、伝わった感動を子どもが味わうことの方が続きます】


「きちんと話そう」
「文法があってるか?」
「相手は先生だし丁寧に」

という考えを完全に捨てるとリラックスして楽しく進むことが多いです。

中断すると相手に悪いからと、わからないまま「OK」と言ってしまったり、

笑顔でうなづいたりする方がよっぽど失礼だと思うんです。



お子さんが海外に出て、自分の意見をしっかり伝えられる人になるためにも、

わからないときは、いったん、中断してでも、

「もう一回言って欲しい」、「わからない」と

伝える勇気を持ってください。

伝えると、先生の教える技術も向上します。



私もそうだったんですが、

日本人は、礼儀を大切にする民族ですので、

「先生だから丁寧な言葉を使った方が・・」とか、
「こんな言い方したら、失礼にあたる・・・?」

と相手を気遣ってしまいます。

でも英語はそういう礼儀を

全部捨ててしまった方が上手くいきます。




在米時、ネイティブの子どもに
「何歳?」と聞いた時、
「I am ○○ years old.」と返ってきたことは
私の記憶のある限りありません。

信じられないですが、本当なんです。
現地の子どもは、

「seven.」

「I'm 10.」


と言います。

実際の生活で使う英語は、堅苦しくないんです。



これについてはまた今度書きますが、

とにかく、礼儀とか、順番とかはまずは忘れて、

一言でも口から出すことを一番優先でOKです。

細かい間違いや、文法は無視。

ただ、お兄さん、お姉さんとおしゃべりする気持ちでOKです。




例えば、もしこれが、取引先の重役との会議中で、

なんとしても今日絶対に取らなければいけない契約なら、

少し言い方も考えるかもしれませんが、

お子さんはかわいい小学生。
小学生のレッスンで心配なんてありません!


そもそも、それさえもわからないから、

こうしてレッスンを受けているのですし、

それを先生も十分わかっています。



もし気になるなら逆の立場を想像してみると良いと思います。

日本にいる外国人が道を聞いてきて、

説明してるときに、相手が

「もう1回言って?」

と言っても、ちっとも嫌な気持ちになりませんよね。

「日本語が母国語じゃない人」だから

と、わたしたちは理解しています。



英会話の先生も同じ気持ちです。

ですから、いっぱい質問して、中断して、

聞き返して、どんどんアウトプットしてください。

posted by オレンジ at 00:00| Comment(0) | リスニングとスピーキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。