2014年08月15日

日本にいながら、経済的で、親子ともにストレスなく、最短で効果を出す方法

941b7dc0f1e59aea7d06801fb2682f8b_s.jpg

メルマガ読者さんから、ある質問がきたのですが、

もしかしたら、他の方も同じように感じているのでないかと思い、

許可を得て、今日はシェアさせていただきます。
__________________________________________

「こんにちは、はじめまして。2年生と4年生の子どもが2人います。
オンライン英会話に興味があります。

迷っているのは、講師がフィリピン人ということ。
フィリピンの方ってどれくらいきれいな英語を話すのでしょうか?

あまり発音がよくないなら、高くてもネイティブ講師の英会話
通ったほうが効果があるのではないか?と思っています。どうでしょうか??」


__________________________________________


たしかに。

こんな風に思うのも無理はありませんよね。

どうせお金をかけて身につけるなら、きれいな英語を身につけてほしい。

と思いますよね。


今、オンライン英会話のほとんどが、フィリピン人の講師です。

それは、フィリピンと日本の時差があまりないので、

予約可能な時間が多くとれることや、

人件費が安いことがあると思います。

でも、もしそれだけなら、こんなに人気にならないです。



じゃあなぜ、こんなに多くの顧客支持されているのか?

それは、フィリピン人は英語が堪能だけでなく、

とてもきれいな発音をするから
です。

少なくとも、日本人の発音とは比較になりません・笑。



ではもし、同じ値段で、全て同じ条件で、

ネイティブの人が講師なら
どうでしょう。

私も迷うと思います。

「迷う」といったのは、

それでもネイティブを選ばないかもしれない、ということです。



65903bd23007ed791bbbb05bfde7a6bf_s.jpg

英語圏で10年暮らして、感じていたことですが、

英語しか話せない人は、英語を話せない人の気持ちは

ほとんど理解してもらえません。



■うまく状況説明ができなくてまごつく、

■言いたいことが100%伝えられない時、

■パッととっさにでてこない時、


相手は困惑するか、イライラします。(笑)


もっと驚いたのが、

「もう少しゆっくり話してもらえませんか?」

と言って、本当にスピードを落としてゆっくり話してもらえたことは

ほんの数えるほどしかありません。


ほとんどの人はただ、同じことをまた繰り返して話すだけです。

そう伝えても、彼らは話すスピードを落とせないのです。


全く悪意はなく、ただ、「理解できない」のだと思います(笑)。

英語は世界の共通語ですから、

彼らにとってはどこに住んでも、英語で生きていけます。

なので、大人になっても、将来のために、

自らの意思で外国語を学ぼうとする人は、あまりいません。



もともと、相手の気持ちを察して、先に動くとか、

相手の気持ちを想像したりすることが、日本人ほど器用にいきません。

そういう国民性もあって、

英語でつまづく人の気持ちを理解するのは、

難しいことなのかもしれません・・・。



ネイティブの英会話講師なら、ちゃんと指導されているので

私みたいな経験をされる方は、あまりいないと思いますが、

英語を話すときの、うまくできない頭の中を、

本当に理解してくれるのは、

「英語を第二外国語としている国」の人たちの方です。




そして、もう一つ。

この月謝でネイティブ講師は、残念ながら、私の知る限りありません。

ネイティブ講師在中!とうたっていても、

名前だけ存在している状態で、実際には、予約がとれないことがほとんどです。



どうしてもネイティブが良いということなら、

地元の大手教室などを選ぶことになりますが、

そうなると、レッスンの回数を減らさない限り

授業料がとてつもなく高額なります。


他にもきょうだいがいるなら、なおさら高額でしょう。



そこで、レッスン数を減らして週1にしたら、

たとえ相手がネイティブ講師だったとしても、

お子さんは英会話ができるようになりません。




家庭内の努力で、キャッチアップもできると思いますが、

英会話のできない人がサポートして、お子さんが伸びる部分は、

インプットの部分だけです。(読み・書き・暗記など)



英語だけができても、英会話はできるようになりません。

それは日本の学校の英語教育が証明していますよね。

英語は、インプットしたものをle="font-size:large;">

アウトプット


しないと話せるようになれないんです。

そのためにすることは、文法の勉強ではなく、


「リスニングとスピーキングにどれだけ時間をかけられるか」

です。

そして、そのリスニングとスピーキングを

「日本にいながら、経済的で、親子ともにストレスなく、最短で効果を出す方法」

です。

これを考えたときに、

私が小学生のお子さんをもつ方に一番すすめる選択肢が、

オンライン英会話という方法です。

(※もしお子さんが高校生で、大学入試を受けるなら違う勉強方法ということです。)


きれいな発音も大切ですが、

ネイティブの講師を選んで、

大人数のクラスの中、お子さんが週1時間しか英語を話すことができないなら、

ネイティブではないが、ネイティブに近い発音で、

マンツーマン(or 家族)で、週3回か、毎日コースにした方が

英語力は格段に伸びます。




オンライン英会話は、

●近くの英会話に通うより、はるかに安い

●生の会話をたっぷり触れられる

●すき間時間を有効に使え、他の習い事に影響しない

●都合が悪い時の時間変更が可能

●他の兄弟姉妹が病気になってもレッスンできる

●子どもも安全で、親も送り迎えがいらない


こういったメリットがあります。



ネイティブかどうかで悩んで、決断が先送りになったり、

レッスン数が減ることの方が、もっともったいないと思います。


もし心配でしたら、いろいろなところで無料体験ができるので、

それを利用して、納得いくまで体験しまくってみてください。



我が家は、いろいろ検証するために、6回体験しています。

それだけで、約3時間の英会話が無料でできたことになります。

案ずるより産むが易し、です。

長くなりましたので、また次回お話しますね。

英語圏で暮らす人々についてさらにイメージを覆すお話をします。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
私のおススメオンライン英会話はこちら
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆ DMM英会話



●無料体験2回 
●欧米小学校で使われているフォニックスサイト使用
●15分前でも予約OK
●我が家の娘、セルビア人の先生と毎日レッスン中
●毎日は大変だと思っていましたが、今は習慣になり楽しんでいます。コツコツは成果がでますよ


【無料体験レビューはこちら

【フォニックスって何?はこちら

__________________________________________

◆ リップルキッズパーク


●欧米小学校で使われているフォニックスサイト使用。
●兄弟姉妹、家族全員で話しても一人分の月謝。
●安くて、質の良いオンライン英会話
●現在2号ちゃん、レッスン中。
●私はサポートはここが一番好きです。


【無料体験レビューはこちら

__________________________________________

◆ 英語教員資格を持った講師による 児童 ジュニア向けオンライン英会話


●お子さん一人だけがレッスンするなら、
週3で、リップルより安いこのオンライン英会話がおすすめ
●担任制あり
●新サービス開始 →「児童英検」から「英検1級 二次試験」まで可能。 
●各級英検特別レッスンを専門インストラクターと一緒にできます。



【無料体験レビューはこちら





posted by オレンジ at 07:42| Comment(0) | オンライン英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。